AppIcon
TcpShark

TCP の解析に特化したパケットアナライザです。

image1
さらに詳しく
説明を隠す
TcpShark は、Wireshark を解析エンジンとした CLI ツールです。

ネットワークのトラブルシューティングでは、パケット解析による調査が不可欠です。ただし、Wireshark を使用したとしても、大容量かつ複雑化する TCP ストリームの解析には職人的なスキルと経験を必要とするでしょう。
このツールで TCP ストリームのパケットフローをグラフィカルに表示することにより、誰でもエンドツーエンドのデータの流れを容易に把握することができます。
Wireshark を補完するツールとして、TcpShark はあなたのトラブルシューティングの手助けになるでしょう。


特長

  • 独自フォーマット
  • データサイズ、ウィンドウサイズ、SEQ/ACK 番号を整然と表示することで、TCP ヘッダの各フィールドの推移・変化を読み取りやすくなります。

  • 直感的なデザイン
  • パケット方向、TCP フラグ(SYN、RST など)、Analysis 情報(パケロス、再送 など)を色分けして表示することで、大容量のキャプチャデータにおいても異常に気付きやすくなります。

  • カスタマイズ可能
  • Wireshark がサポートする各種プロトコルフィールド(HTTPリクエストURI、HTTPステータスコード など)を追加表示することで、TCP 以外のプロトコル情報と関連付けて解析できます。


導入方法

  1. 下のリンクからファイル 'tcpshark.txt' をダウンロード
  2. ファイル名から拡張子 '.txt' を削除
  3. README.md を参照してセットアップ


使用例

  • list mode
  • キャプチャデータに含まれる TCP ストリームを一覧表示します。
image1
  • flow mode
  • 指定した識別子(list mode の Index)の TCP ストリームをフロー表示します。
image1
  • one mode
  • 指定したフレーム番号(flow mode の No.)の TCP パケットを詳細表示します。
image1
  • Analysis 情報
  • Wireshark が検出可能な TCP Analysis 情報(パケロス、重複 ACK など)を色分けして表示します。
image1 image1
  • カスタムフィールド
  • 任意のフィールド(例:TCP RTT)を付加して表示します。
image1 image1
説明を隠す

HomePage      Dwonload      GitHub
TcpShark は、Linux/Solaris/macOS/Windows のターミナル上で動作します。